オーベルジュ美の濱 流石(笠岡市美の浜)

オーベルジュ美の濱 流石
本日のご紹介は、笠岡市美の浜の閑静な住宅街にオープンした「オーベルジュ美の濱 流石(りゅうせき)」です。
美の浜のメイン道路沿いにあり、赤い暖簾が掛かっていますのでわかり易いと思います。

駐車場
しかし駐車場がちょっと離れていてわかりにくいので詳しくご案内します。

駐車場案内
▲クリックで拡大します
店舗から神島方面に200m南下した場所にあります。

駐車場
▲クリックで拡大します
店舗名の書かれた案内板が立てられていますが、案内板が小さいので見逃さないようにして下さいね(^^)

オーベルジュ美の濱 流石
車を置いてトコトコ3分程歩くと店舗に到着します。
立派なお庭ですねー(^o^)

エントランス
堂々としたエントランスです。

玄関
玄関も広くて立派です。
2018年12月10日にオープンされたばかりなので、お祝いの胡蝶蘭があちこちに飾られていました。

大広間
玄関を入って右手の大広間です。

店内
店内
まだお客さんがいらっしゃらなかったので写真を撮らせて頂きました。
玄関を入って左手はセミ個室になっています。

個室
個室
ソファーがオシャレ♥

個室
個室
どのお部屋からもお庭が眺められるのは落ち着けていいですね。

大広間
大広間の席からも道路側の風景が眺められました。

トイレ
トイレ

手洗いコーナー
鏡に写っていますが、女子トイレは2室あります。
ちなみに後ろ側には浴室がありました。
オーベルジュなのでお泊り客用の浴室でしょうか?

オーベルジュとは直訳すると”旅籠”で、”郷土料理を提供するレストラン付きのホテル”を意味するフランス語である。

シェフが土地土地の食材を新鮮なうちに仕入れたいがために郊外でレストランをオープンさせ、客はシェフの味を求めて車で遠路レストランへやってくる。食事とともにワインなどのアルコールも嗜むため、その日に車で帰宅することが困難となる客が多い。その際、レストランのオーナーやシェフが、遠路食事に来てくれた客に休んでもらうためレストランの2階やスタッフの居住スペースを提供しもてなした、というのがオーベルジュの始まりともされている。(Wikipediaより)

こちらのお店も現在は会員制で2階を宿泊施設とされているようです。

ランチョンマット
ランチョンマットはグループ店の「Hotel the view setouchi」のCMでしょうか(^ν^)

メニュー
▲クリックで拡大します
本日の注文は2500円(税別)のランチメニューです。

先付
まず先付は、アサリと菜の花のヌタ?かな?

スープ
ブリの粕汁です。
ブリも粕汁も苦手なんですが、ブリはあっさりとしていて、粕汁も白味噌っぽくて、とっても美味しかったですよ♥

本日のお造り
本日のお造りは、鯛のサラダ仕立て。
カルパッチョ風でドレッシングがとっても美味!

焼き物
綺麗~!
焼き物は、真ん中は鰆の照り焼き、右の葉っぱに隠れているのがガラエビですが頭からパリパリと頂きます。
メッチャ美味しい!
グラスに入っているのは白身のお魚だと思うのですが、底に入っているマヨネーズを付けて頂きます。
まだ温かくてこれ又旨し!!

茶碗蒸し
蛸と大根の茶碗蒸し。
蛸がーーー!
トロットロ!!
こんなに柔らかい蛸は初めてーーー(^^♪

ご飯、赤出汁、漬物
ご飯、赤出汁、香の物。
赤出汁が辛くなくて、確かブリのアラ出汁と言われたような?が絶妙な美味しさ。

デザート
デザートは、餡を春巻の皮で巻いた物と苺、その上からキナコ掛け。
餡が温かくて皮はパリパリで美味しかったです!

お値段高めですが、このお値段に見合うレベルの高いお料理を頂けて満足でした(≧∇≦)b

お庭
帰り際にお庭を拝見しましたが、ホントに素敵なお庭でした!

お庭
お庭
笠岡市の島を模した石が設置された、素晴らしいお庭でした(^o^)

流石の由来
▲クリックで拡大します

所在地 岡山県笠岡市美の浜30-26
電話番号 0865-63-8008
営業時間 Lunch / 11:00~13:30(L.O)
Diner / 17:30~21:30(L.O)
定休日 水曜日
駐車場 有り(店舗から神島方面に200m南下した場所にあり)
クレジットカード OK
URL facebookページはこちら…>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする